歯の着色汚れを落とす歯磨き粉

気になる歯の着色汚れ、歯磨き粉でなんとかしたい!

歯の着色汚れって気になりますよね。特にタバコを吸う人でなくても、コーヒーを習慣的に飲まなくても、歯は黄ばんできてしまいます。歯が黄ばんでいると、口を開けるのがやだなって思いますよね。

 

では、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょう?歯が黄ばむ仕組みと、着色汚れの落とし方について、着色汚れを落とすおすすめの歯磨き粉を紹介します。歯の黄ばみが気になる方や、歯磨き粉を改めてみたい方は、是非ご覧ください。

 

歯の着色汚れを落とす歯磨き粉のおすすめランキング>>>

歯磨きしてもなんで着色汚れが取れないの?着色汚れの原因は?

まず、なぜ歯は黄ばんでしまうのでしょう?特にタバコを吸っていなくても、コーヒーを習慣的に飲んでいなくても、歯は黄ばんでいってしまいますよね。

 

歯の着色汚れの原因は?

歯の着色汚れの原因は大きく分けて2つあります。それは、喫煙と飲食です。歯の構造を見ながら紹介していきましょう。

 

歯の構造

 

歯は内側から、歯髄→象牙質→エナメル質という順番の3層構造になっています。さらにエナメル質の外側にペリクルという物質があります。ペリクルは、エナメル質を覆う膜のようなもので、唾液と同じタンパク質でできています。食べ物を食べると酸が発生して、その酸が刺激して虫歯や歯周病ができてしまいます。

 

しかし、ペリクルは酸の刺激から歯を守る効果があるのです。また、ペリクルは歯の表面についた細かな傷を修復する作用(歯の再石灰化と言います)もありますが、この作用のときに色素沈着が起きてしまうのです。歯のエナメル質に含まれるカルシウムイオンは(+)、着色汚れ(ステイン)は(−)なので、イオン結合で強く結びつき、落ちにくくなってしまいます。

 

原因1 喫煙

着色汚れの原因1つ目は喫煙です。喫煙は、タバコを吸うことで、葉に含まれる有機物質が熱分解してヤニ(タール)を発生させます。ヤニもペリクルもベトベトしているので歯に絡みつきやすく、着色汚れとなります。また、ヤニの上からペリクルが覆い、その上からまたヤニが付くので、普通の歯磨き、ブラッシングでは落ちにくい強力な着色汚れとなります。

 

原因2 飲食

着色汚れの原因2つ目は飲食です。飲食は、色の濃いものを食べたり飲んだりすることによって、その色が歯に付着していきます。毎日習慣的にコーヒーを飲む人は歯が黄ばんでいますよね。ポリフェノールを多く含む食べ物や飲み物は黄ばみやすくなります

 

着色汚れになりやすい食べ物・飲み物とは…
コーヒー、紅茶、赤ワイン、コーラ、烏龍茶、カレーライス、ソース、ケチャップ、醤油、ブルーベリー、チョコレート、ココアなど
ポリフェノールは着色汚れのもとです。

 

パソコンとコーヒー

 

 

でも、コーヒーや紅茶を習慣的に飲まなくても、歯は着色していってしまいますよね。それは、飲食によって口内に汚れがたまり、その汚れをえさとして細菌が繁殖してしまうからです。その結果、歯垢がたまり、着色汚れが付きやすい状態になってしまいます。色の薄い食べ物でも、まったく色がないわけではないので、食べたり飲んだりしたあとに歯を磨かないと、食べ物のカスが残って着色汚れの原因となってしまうのです。

 

また、口呼吸をしていると、口内が乾燥して細菌が繁殖し、着色汚れ、歯垢、歯石、口臭などの原因となります。

どうしたら歯の着色汚れがきれいになる?着色汚れを落とす歯磨き粉の特徴はこちら

では次に、どうしたら歯の着色汚れが落とせるのでしょう?着色汚れを落としてくれる歯磨き粉の特徴を紹介します。

 

着色汚れを落とす歯磨き粉の特徴は大きく分けて以下の3つです!

 

歯を傷つける研磨剤が入っていないこと

1つ目の特徴は、歯を傷つける研磨剤が入っていないことです。以前は、研磨剤入りの歯磨き粉を使うと、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れを強力に落としてくれると言われていました。しかし今は、研磨剤を配合している歯磨き粉を使うと、やすりのようにこすることで、歯の表面を傷つけてしまいます。歯の表面に細かい傷が付くと、そこに汚れがたまりやすくなったり、着色汚れが浸透しやすくなり、逆に歯が汚れてしまいます

 

シリカ、炭酸ナトリウム、ケイ素という物質は研磨剤ですし、清掃剤という名前でこれらの物質を配合していることもあります。歯の着色汚れを改善したいなら、研磨剤が入っていないものがいいでしょう。

 

着色汚れを落とす成分を配合していること

研磨剤が入っていないなら、何で歯の着色汚れを落とすのだろうと思いますよね。研磨剤のように汚れをこすって落とすのではなく、汚れを浮かび上がらせて落とすのです。着色汚れを浮かび上がらせる成分である、以下のようなものを含んだ歯磨き粉がいいでしょう。

 

  • ポリアスパラギン酸
  • ポリリン酸ナトリウム
  • メタリン酸ナトリウム
  • ピロリン酸ナトリウム

 

上記の成分は、エナメル質と着色汚れの間に入り込み、エナメル質と着色汚れの結びつきを離す効果があります。歯を傷つけずに汚れを落とすことができるのです。

 

漂白剤が入っておらず歯に優しいこと

漂白剤とは、劇薬である過酸化水素や過酸化尿素などを使って歯を白くしていくものです。海外の歯磨き粉や、審美歯科で行うホワイトニングはこの方法で歯を白くしていきます。ホワイトニング効果は高いですが、刺激が強く、知覚過敏になる可能性があります。最初はしみなくても、濃度の高い漂白剤を使うことで、だんだんしみてくる人もいます。

 

しかし、着色汚れを落とす歯磨き粉には漂白剤が入っていません。色を白くしていくのではなく、歯の表面についた汚れを落とすことで、だんだんもとの白さに戻していきます。歯や歯茎に優しい成分でできているものがよいでしょう。

歯の着色汚れを落とす歯磨き粉のおすすめランキング3

歯の着色汚れを落とすには、研磨剤が入っていないもの、汚れを浮かび上がらせる成分を配合しているものがいいということがわかりましたね。そのような歯磨き粉を見つけたら、値段や続けやすさ、安全性などに着目して、自分に合ったものを選びましょう。

 

はははのは

「はははのは」は、ポリリン酸ナトリウムとメタリン酸ナトリウムという2種類の汚れを浮かび上がらせる成分を配合しています。汚れを落としたあとは、歯をコーティングするので、汚れがつきにくくなりますし、歯を傷つける研磨剤は不使用です。

 

使い続けるうちに本来の白さに戻っていきます。「はははのは」は値段が安いことが特徴です。通常価格3,500円(税込)が定期便なら初回約43%オフの1,980円(税込)、2回目以降も約15%オフの2,980円(税込)で購入で、送料も無料です。10日以内なら全額返金保証もあります

 

はははのはの詳細はこちら>>>

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングは、ポリアスパラギン酸という成分を配合しており、着色汚れを浮かび上がらせ、リンゴ酸が溶かして除去します。研磨剤も不使用なので歯を傷つけず、安心です。

 

定価5,980円(税別)ですが、定期便なら初回は33%オフの3,980円(税別)で、2回目以降も16%オフの4,980円(税別)で購入できます。送料も無料です。

 

最低3回の注文が定期便購入の条件であるのがポイントです。

 

ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はこちら>>>

 

プレミアムブラントゥース

プレミアムブラントゥースは自然由来の成分を使った歯磨き粉です。パパインというタンパク質分解酵素を配合しており、着色汚れや歯垢など、タンパク質汚れを分解・除去します。研磨剤も不使用です。抗菌・抗ウイルス効果のあるココナッツオイルも配合しているので、虫歯予防にもなります。

 

定価はは9,980円(税抜)ですが、定期便なら初回限定で6,000円オフの3,980円で購入できます。送料も無料で、90日間の返金保証もあるので、使い続けられるかじっくり試すこともできます。定期便は最低3回の購入が条件です。

 

プレミアムブラントゥースの詳細はこちら>>>

 

 

歯の着色汚れを落とす歯磨き粉比較表

 

 

汚れを落とす成分

研磨剤なし

価格

はははのは

二重丸

二重丸

丸

ちゅらトゥースホワイトニング

丸

二重丸

三角

プレミアムブラントゥース

丸

二重丸

三角

歯の着色汚れを落とす効果を高める歯磨き方法

歯の着色汚れは正しい方法で歯磨きをすれば、だんだん落とすことができます。歯の汚れを落とすのに効果的で正しい方法を紹介します。

 

食後すぐに歯を磨く

歯磨きをしている女の子
食事をしたあとは、歯と歯の間、歯と歯茎の間などの隙間に食べ物のカスがたまります。そのカスを温床として細菌が繁殖し、歯垢となります。歯垢をそのまま放置していると、歯石と言ってもっと固く落ちにくい物質になってしまいます。

 

歯垢は虫歯や歯周病の原因になるので、健康な歯や歯茎のためにも、食後はなるべく早く歯磨きをして、食べカスや歯垢を落としましょう

 

ヘッドの小さい歯ブラシを使う

ヘッドの小さい歯ブラシ
歯ブラシには、ヘッドの大きいもの、小さいものなど様々な種類があります。その中でも、汚れを落とす効果を高めるには、ヘッドの小さい歯ブラシを使うことがおすすめです。

 

大きいヘッドの歯ブラシは、1度に歯数本の幅をごしごしと磨き、歯と歯の間の汚れが落ちていない可能性があります。ヘッドの小さい歯ブラシなら、歯を1本1本丁寧に磨くことができ、小回りも効くので、細かいところの汚れまで落とすことができます。ヘッドの小さい歯ブラシをワンタフトブラシと言います。

歯の着色汚れは歯磨きで落とせる!きれいな歯になろう♪

このように、歯の着色汚れは歯磨き粉を変えることで落とすことができるのです。歯の表面にこびりついた汚れを落とし、歯本来の白さに戻っていきます。漂白するのではないので、自然でつややかな白さになりますよ。自宅で簡単にできるのもポイントです。

 

歯の黄ばみがきれいになれば、見た目の印象も清潔感もUPしますし、なにより思いっきり口を開けて笑顔になることもできますよ♪

 

当サイトおすすめNo.1「はははのは」の詳細はこちら>>>